0276-38-5511

〒373-0861 群馬県太田市南矢島町726-3

受付時間
AM 09:00~12:00
PM 15:00~18:00
内視鏡検査啓蒙

なぜ内視鏡検査を受けた方がいいのか?

日本人の死因第1位は「癌」です。今は2人に1人が「癌」にかかり、3人に1人が「癌」で亡くなる時代です。 部位別での癌死亡率では、男性は第1位肺がん、第2位胃がん、第3位大腸がんです。女性は第1位大腸がん、第2位肺がん、第3位胃がんです。 内視鏡検査で予防する事が出来る胃がんと大腸がんは男女ともに上位3位に入っている状況です。

胃がん・大腸がんは40歳を過ぎた頃から発症リスクが上昇します

胃がんや大腸がんは40歳を過ぎると、発症率が高くなる傾向があります。下図は国立がん研究センターが公表しているデータです。是非ご覧頂きたく存じます。

胃がん

胃がん

つまり上図からは、40歳前後になったら、癌が発症していないか確認していれば、癌の早期発見や早期治療は可能であるという事が分かります。40歳前後で検査を受けてもし仮に胃がんや大腸がんであっても、早期がんの状態で発見できますので根治できる可能性が非常に高くなります。現代は医療の進歩が著しく、早期がんの状態で発見する事ができれば患者様のお身体に負担を掛けずに治療でき、治療後に生き続けられる確率(生存率)が高くなります。
患者様と癌についてお話していると、「胃が痛い」「苦しい」などの自覚症状を感じると思われている方が多く見受けられますが、実際には癌を発見された患者様で何かしらの自覚症状を感じていた方は非常に少ないです。
つまり、「胃が痛い」「苦しい」などの自覚症状を感じた頃には進行がんとなり、治療が手遅れとなる場合もございます。

胃がん・大腸がんで亡くなる方が減らない理由とは

医療の技術が進歩し、早期がんの治療は患者様のお身体に負担を掛けずに行う事ができる時代です。しかし医療技術が進歩しているにも関わらず、胃がんや大腸がんで亡くなる人は減少していません。大腸がんはむしろ増加傾向にあります。

胃がんや大腸がんで亡くなる方が減少しない理由には、「何かしらの自覚症状を感じないから」という理由で、内視鏡検査を受診される方が少ない傾向にあります。当院では今までに 胃や大腸の進行癌患者様を内視鏡検査で見てきましたが、やはり多くの方から「特に自覚症状がなかったので、医療機関へ受診していなかった」と話されております。
また大腸がんの場合では、自覚症状を感じるとしたら下痢や便秘などの便通異常が多いです。
「ただの便秘だから」「ただの下痢だから」と軽視してしまい、市販薬で済まされたり、医療機関へ受診されない方が多い事も、大腸がんで亡くなる方が減らない要因としてもあげられます。

下記は当院で早期の胃がんや大腸がんを見つけた際の、実際の症例写真となります。

症例①

72歳男性 市の胃がん検診を受診され早期の胃がんが見つかりました。

この方は初期の自覚症状を感じておらず、市の胃がん検診を当院で受けて頂けたことで胃がんが見つかりました。

症例②

61歳男性 便秘が慢性的に続くために当院をご受診して頂きました。大腸カメラ検査を実施して大腸がんが見つかりました。

大腸がんの初期症状は特には無いですが、便秘・下痢、便が急に細長くなったりします。

胃がん大腸がんに負けない社会”の実現に向けて

胃がん大腸がんの予防には内視鏡検査を受けて頂く事ですが、内視鏡検査を受けられる方は未だに低いのが現状です。その理由としては「自覚症状を感じないから」「市の検診で要検査と指摘されないから」の2つです。
自覚症状を感じていない場合は分からなくも無いですが、検診で異常を指摘されていない方の場合は実は要注意です。
というのも、市が実施している胃がん検診(レントゲン検査)や大腸がん検診(便潜血検査)は、実は早期癌を見つける精度はそこまで高くありません。

上記致しましたが今は2人に1人が癌を発症する時代です。つまり将来、癌に罹らないためには積極的に自分から行動して内視鏡検査を受けに行く事です。幸いなことにこの太田市には当院をはじめ、内視鏡検査が強みであるクリニックは数多くいらっしゃいます。お腹に違和感を感じられた方、胃がんや大腸がん家系の方、検診で異常を指摘され方は一度ご相談下さい。

当院では伊勢崎市や館林市、足利市、熊谷市、深谷市、本庄市などからも内視鏡検査を受けにお越し頂いております。このページをお読み頂いた皆様が将来、胃がんや大腸がんで苦しい思いをされない為にも1件1件丁寧に内視鏡検査を皆様に提供して参ります。
当院では遠方から大腸カメラ検査を受けにお越し頂く方でもご安心して頂けるために、院内で下剤を飲めるスペースを設けておりますので、是非ご活用下さいませ。