0276-38-5511

〒373-0861 群馬県太田市南矢島町726-3

受付時間
AM 09:00~12:00
PM 15:00~18:00
肛門内科

こんな経験ございませんか??

  • お尻から血が出た
  • 排便時に痛みを感じる
  • 肛門の周囲に違和感(痒い・痛い)を感じる
  • 排便時に血が出た(血便、下血)
肛門内科とは

痔は命に関わる事はありませんが、診察を受けるのが恥ずかしいなど気後れして受診を後伸ばしにされる事がよくあります。早期に治療を始めれば高い治療効果が見込めますが、病状が進行していしまうと日々の生活に大きく影響を及ぼします。 痔はいぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう(穴痔)の3種類に分類され、それぞれで治療法が異なります。いぼ痔や切れ痔は早期に適切な治療を実施する事ができると、保存的療法や生活習慣の改善で治療を行う事ができます。病状が進行していると日々の生活にも影響を及ぼすだけでなく、治療そのものが難しくなってしまいます。

痔の種類

いぼ痔

肛門の内外にイボ状の膨らみができ、肛門の外側にできる外痔核、肛門内の粘膜部分にできる内痔核に分けられます。内痔核と外痔核それぞれの特徴としては、内痔核は出血・痔核の脱出を起こす事が多く、外痔核は知覚神経のある皮膚部分にできるため強い痛みが特徴です。痔核自体は排便時のいきみ、長時間座っているなどの肛門周辺に大きな負担がかかる事で血流の悪化を招く事で発症します。

内痔核

肛門内にイボ状の膨らみができるので、排便時の出血で気付いて受診される事が多くあります。排便時に便が内痔核に擦れて便器が赤くなるほど大量に出血する事もあります。肛門粘膜上には知覚神経が通っていないため、痛みを感じにくい特徴もあります。

外痔核

皮膚には知覚神経が通っているので強い痛みを感じる傾向がありますが、出血を殆どみられません。重い荷物を持ち上げるなど肛門に負担がかかった際に痛みが強く現れた際は、血栓性外痔核が疑われます。
外痔核は薬物療法で比較的安易に治せる事が多く、病状が進行しても手術が必要になる事は少ないです。

切れ痔

切れ痔は肛門が皮膚が裂けて傷付いている状態です。便秘で硬く太い便が通過する際に生じることが多いですが、下痢でも切れ痔は起こる事があります。切れ痔は強い痛みを感じますが、出血量はトイレットペーパーに血がつく程度です。痛みは排便後しばらく経つと消えますが、慢性化してしまうと何時間も痛みが続く事があります。

切れ痔を治療せずに放置していると、傷が深くなり組織が潰瘍を引き起こします。そうなるとますます肛門の皮膚が切れやすくなるので悪循環となってしまいます。慢性化していない切れ痔は塗り薬などの保存的療法で短期間に治せるため、早めの受診がおすすめできます。

痔ろう

肛門の内側にある皮膚と粘膜の境目部分で肛門周囲膿瘍という炎症が悪化する事で発症します。皮膚と粘膜の境目を歯状線と言いますが、歯状線には外向きの小さいくぼみがあり、下痢などでこのくぼみに細菌が溜まる事で肛門周囲膿瘍を引き起こします。この肛門周囲膿瘍では、化膿してできた膿が粘膜下層まで深く進んでいきトンネルのような瘻管を作ります。これを痔ろうと言います。痔ろうが進んでいくと皮膚まで到達します。

肛門周囲膿瘍を発症している段階では腫れや痛み、発熱といった症状がありますが、痔ろうになってしまうと膿が排出されているので特に自覚症状はありません。ただし、肛門内から皮膚にトンネルができてしまうので、下着の汚れや肛門周辺の皮膚炎を引き起こすようになります。治療せずに放置していると肛門周囲膿瘍を繰り返し、痔ろうが複雑に発達してしまい便失禁を引き起こしますし、稀ではありますががんを引き起こす事もあります。

痔の再発を防ぐために

痔の発症や再発の原因は、排便時のいきみ、便通異常(便秘や下痢)などの排便習慣が大きく影響してきます。痔の症状を緩和させる為にも排便習慣の改善、つまり生活習慣の改善は大切です。便秘や下痢は医師による治療や生活習慣指導で効果的に改善できますし、いぼ痔や切れ痔の場合には生活習慣改善と軟膏や内服薬などの処方だけで治せる事が多いです。
病状を悪化させず、そして再発させないためにも日々の生活習慣を見直していきましょう。

血行改善

毎日お風呂でお湯に浸かり、身体をしっかりと温める必要があります。夏場は冷房で身体が冷えている事が多いので季節問わずしっかりと湯船に浸かるよう心掛けて下さい。また冬場は特に足腰を冷やさないように注意が必要です。 また、適度な運動やストレッチは血行改善に繋がります。ご自身の体にあった適切な運動・ストレッチをお願い致します。

姿勢

同じ姿勢を長時間続けている事も控えて下さい。同じ姿勢を続ける事も実は肛門に大きな負担が掛かっています。デスクワークや立ち仕事では、1時間に数分程度は歩くよう心掛けて下さい。乗り物の運転や長時間の移動でも座りっぱなし・立ちっぱなしには要注意です。

排便時に無理にいきまない

排便時に強くいきんでいると肛門周囲の血流悪化を招き、痔のリスクが上昇します。また、内痔核があると強くいきんだ際に出血する事もあります。 便意を感じたタイミングでの排便がスムーズに便を出す事ができます。便意を感じた際は我慢せず排便すようにして下さい。

便秘の改善

水分と食物繊維を多く含む食べ物を摂るよう心掛けて下さい。乳酸菌は腸内細菌叢を正常に整えるためにも効果的です。ヨーグルトやぬか漬けなども積極的に摂りましょう。また、適度な運動は腸の機能を改善する働きもあります。

下痢の改善

特に夏場は冷たいものだけでなく、温かいもの又は常温のものを摂取するよう心掛けて下さい。足腰を冷やさない事、暴飲暴食や刺激の強い飲食物を控える事も下痢予防に効果的です。また、腸内環境を整えるためにも乳酸菌の摂取も効果が期待できます。

お酒やタバコ

喫煙は血管を収縮させて血流を悪化させてしまいます。飲酒は下痢を起こしやすいのでアルコール類の過剰摂取はせず適量を守って下さい。

香辛料

唐辛子などの香辛料をとり過ぎると肛門に大きな負担をかける事になります。適量を守り、過剰摂取を避けましょう。

診察の流れ

診察受付

保険証、常用薬のある方はお薬手帳などもご持参下さい。スタッフより配布される問診票に現在の症状等を記入していただきます。

診察

肛門の診察時には、服を全て脱ぐ必要はありません。
おしりが見える範囲まで衣服をずらして頂ければ結構です。肛門の指診、肛門鏡にて肛門内の観察を行います。痛み止めのゼリーを塗布して行いますので、診察による痛みはほとんどありません。所要時間は2~3分程です。

診察受付

服を着ていただきましたら病状の説明と今後の治療方針について説明していきます。

お会計

受付にてお会計をお済ませ下さい。
院外処方箋を発行致しますので、患者様皆様のご都合の良い薬局に処方箋をお持ちいただき、お薬を受け取ってください。

お問合わせ

肛門に違和感を感じていても、医療機関で診察を受けるのが恥ずかしいなどと思われる方も多いのが現状です。どの病気もそうですが発症早期の段階では高い確率で根治を目指す事ができますが、病状が進行してからの治療となると治療が難しくなってしまいます。時には緊急手術となってしまう事もあります。

当院には太田市をはじめ近隣にお住いの皆様も肛門内科の診察・治療を目的に来院して頂いております。皆様が長く健康で暮らせるためもお尻の違和感を感じられた際はいつでもお気軽にご相談下さい。