0276-38-5511

〒373-0861 群馬県太田市南矢島町726-3

受付時間
AM 09:00~12:00
PM 15:00~18:00
医院紹介

院長紹介

院長の正田健です。
当院はこれまで培ってきた消化器疾患の診断および治療の経験を生かし、消化器疾患のエキスパートとして消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の診断・治療を、主に内視鏡を用いて行うことをメインにしたクリニックです。
最新の医療設備のもとで、患者様に苦痛の少ない、楽な内視鏡検査を受けられるようにしています。
また難病と言われている潰瘍性大腸炎、クローン病やストレス社会で多く見られる過敏性腸症候群に悩まされている人々が、心も体も健康を取り戻していただくためのアドバイスや治療をしていきます。
皆様が『いつまでもいきいきと健康で』いられますように、ホームドクターとしての地域に根ざした医療の提供と、予防医学の観点から各種健診も充実させ、お子様からご年配の方まで地域の皆様の健康管理の手助けをしていきたいと思っております。

受付時間
AM 09:00~12:00
PM 15:00~18:00
※水曜日と日曜日、祝日が休診日となります
当院の特徴

特徴1 苦痛の少ない胃カメラ検査・大腸カメラ検査を実施

当院では内視鏡検査(胃カメラ検査・大腸カメラ検査)を実施しています。内視鏡検査は苦しい検査であると思われている方も多くいらっしゃるかと思いますが、それも今となっては過去のお話です。今では内視鏡医の手技の進歩や内視鏡機器の精度向上もあり苦痛に感じる事なく検査を受ける事が出来ます。 過去に内視鏡検査で苦い思いをされた方には特に当院HPをお読み頂きたく思います。当院では内視鏡検査を受ける皆様が快適に検査を受ける事が出来るようスタッフ一同協力しています。

特徴2 検査中に切除可能なポリープの治療を実施

当院は胃がん・大腸がんで亡くなる方を減らしたく思い、日々内視鏡検査を皆様に提供しております。胃カメラ検査の普及のお陰もあり今は胃がんで亡くなる方が減少しております。しかし、大腸がんは増加傾向にあります。

当院では大腸がん撲滅のため、大腸カメラ検査時に切除可能な大腸ポリープを発見した際はその場で切除するようにしています。大腸ポリープを切除しないで放置していると高い確率で大腸がんへ成長していきます。大腸がん撲滅に向けて今後も切除するべきポリープは切除し、皆様のご健康をお守りしていきたく思います。

特徴3 難病指定の潰瘍性大腸炎、クローン病の診断と治療

国が指定する難病である潰瘍性大腸炎やクローン病は発症原因は明確とはなっておりませんが、近年罹患者数は増加傾向にあります。当院は指定難病指定医療機関として、潰瘍性大腸炎やクローン病の診察・治療にも力を入れています。腹痛や下痢などただの腹痛と思っていても実は潰瘍性大腸炎やクローン病を発症している事もあります。

特に潰瘍性大腸炎はしっかりと治療を行い症状をコントロールできていないと、大腸がんを発症させる事があります。医師をはじめスタッフとも協力しお越し頂いた患者様の健康をサポートさせて頂いております。

院内ギャラリー
アクセス

〒373-0861 群馬県太田市南矢島町726-3

TEL 0276-38-5511 FAX 0276-55-1185

  • ※送迎でお困りの方、御相談下さい。
  • 連絡先:090-8945-2723(正田)